<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

羊毛

先週、千歳空港にほど近い羊牧場へ行って来ました。私の友人が営むこの牧場で飼育している羊はサフォーク種。肉用種としては最高級とされていますが、非常に繊細で飼育が難しいとされています。
b0188406_16443735.jpg
b0188406_1646987.jpg


私の会社「北方圏ショップKai」では、以前から道北の美深町にある松山農場さんとタッグを組んで羊の有効活用に取り組んでいます。 「エコ」と言う言葉が流行ってますが、羊は青草や乾草を食んで育ち、生後4ヶ月から6ヶ月で出荷が可能となります。出荷前のほんの僅かな期間、濃厚飼料(つまり穀物)を与えて肥育しますが、豚や牛のそれとは比べ物にならないくらい少ないのです。羊はそう言う意味では「エコ」なんです。

ある大手自然食品販売会社が、北海道に1000頭規模の羊牧場を開設したいとのことで、私はそのプロジェクトに参画する事になりそうです。以前から羊に取り組んできましたが、何だか面白い展開になって来ました。

ところで、友人の羊牧場からサフォークの毛を貰って来ました。羊毛を使ったフェルト作りを趣味にしようとしていた弊社naccoが欲しいというので貰って来た羊毛でしたが、10kgほど入っていた袋を覗くと、何やら異臭(尿の臭い)が漂い、ウ●コとか草とかが絡んでいます。こんな事はある意味当たり前なのですが、この羊毛をフェルト作りの為に処理する事は大変な手間がかかり、初心者には無理なのです。 そこで、先ず私がやってみる事にしました。昔、アリスファームで羊毛の処理をした経験があったので、それを思い出しながらチャレンジしました。

b0188406_1755837.jpg


刈ったままの羊毛は、とにかく汚いのです。尿やウ●コや草もさることながら脂や汗が染み込んでいるので、先ずは、異物を取り除いてから65℃のお湯に漬けて脂等を溶かして洗います。

b0188406_1793695.jpg


脂等が溶け出したドロドロとしたお湯を捨てたら、次は30℃程度のぬるま湯に漬けて更に洗います。この間にもゴミが出て来るので、根気よく取り除きます。

b0188406_17123360.jpg


この段階で、洗濯機で脱水した後、ぬるま湯に洗剤を入れて、そこに羊毛を入れ、一晩漬けておきます。翌日、濯いで脱水した後、もう一度洗剤に漬け、良く濯いだら脱水して乾燥します。 

b0188406_1716319.jpg


さて、ここからがめんどくさいのです。写真の右側は、乾燥が終わった羊毛。気をつけていてもフェルト化してしまいます。つまり毛玉になってしまいます。なので、少量ずつ手にとって解していきます。左側が解した羊毛。

b0188406_17192290.jpg


解し終わった羊毛です。まるで綿飴のようです。ここまで処理する為に丸二日かかりました。未処理の原料から製品にするという事は、気が遠くなるような時間と手間が必要なのだと、改めて再認識した次第。

実は、作業はこれで終わりではありません。次は染色の作業が待っています。

b0188406_1723833.jpg


今日、札幌の大通公園で開催されているミュンヘン・クリスマス市へ行って来ました。出店の中で私達のショップと提携している おおいえのりこさんのフェルトの作品が販売されていました。

http://ivory.ap.teacup.com/maaberry/

おおいえさんは、美深の松山牧場へ出向き、羊の毛狩りを自ら行って、その毛を使って作品を作り出しています。全く頭が下がります。 何事も自ら経験しなければ、モノの有り難さと言うのが解らない訳です。

大変有意義な週末を過ごさせていただきました。

ネタがかぶってますけど、こちらもネ

http://nacco755.exblog.jp/
[PR]
by marimuramario | 2009-12-13 16:44 | その他